KIRIE

アメリカの芸術大学で進む方向に悩み、修了させてすぐに仕事を始めました。
流通やアパレルの仕事が20代前半の私には面白く、仕事にばかり夢中になり
ふと絵を描きたくなったものの筆を持つのが怖くなっていました。
そこから暫く、絵を描くのも辞めて仕事や音楽に没頭。
でも絵に対する想いは募るばかりで
2000年頃「筆が駄目なら、ハサミやカッターで色つきの紙を切って貼って、描いたように表現することなら」と考え、切り絵を始めました。
そして、その頃出会った人形作家の木村まさよさんと
人形と切り絵の2人展を開催しました。