RIO-20

SILKSCREENING

シルクスクリーンは、版材にシルク(絹)を使い、手で印刷する版画の一種。
アメリカのアートハイスクール(芸術高校)でシルクスクリーンのクラスを
受け、とても感動したのを今でも覚えています。版を作り、たっぷりインクをのせて
一気にスキージー(ヘラのようなもの)で刷る。
出来上がった作品を版から剥がす瞬間もワクワクで、同じクラスの子たちの作品を見るのも楽しみでした。
そんなシルクスクリーンをずっとやりたいな~と思い続け、やっと2007年にシルクスクリーン教室に通い始め、また1から手順も習っていくつか作品を制作しました。
シルクスクリーンにポスターカラーのマーカーで描いて、さらに細かい部分や動きもつけています。